はまっ子学習ドリル・検定を使って家庭での学習習慣を身に付けましょう。

1.はまっ子学習ドリル・検定の特徴

■国語ドリル
・名文360選の音読・暗唱を通して、日本語のリズムや言葉の響きを感じ取ることができます。
・考えるために必要な言葉を増やし、短文づくりや短作文の書き換えを通して、思考力・表現力を育てることが
 できます。
・前学年まで並びに当該学年に配当されている漢字を、文の中で正しく読んだり書いたりする能力を高めることが
 できます。
■算数ドリル
・計算や解法の手順が分かり、自学自習できます。
・計算や解法の手順を説明し、確かな理解を図ることができます。
・日常的な事象や図表と関連づけて計算技能を高めることができます。
・既習と関連付けて発展的に考えることができます。
■英語ドリル
・単語や語彙を用いた基礎的な問題が掲載されています。
・まとまりのある文の読解や内容理解ができます。
・空所補充や語の並び替えにより文構造の定着を図ります。
・自己表現に直接結びつくことを意識した問題になっています。
■日本語ドリル
・入学・編入して間もない日本語の指導が必要な児童・生徒が対象です。
・学校生活をおくる上で最低限必要な言葉を中心に、先生や保護者の方と一緒に練習するためのドリルです。
・1番から順番に取り組む必要はありません。

2.はまっ子学習ドリル・検定を使って決まった時間の家庭学習を

■家庭学習時間の目安
・小学校 低学年 30分程度、中学年 45分以上、高学年 60分以上
 中学生1・2年生 90分以上、3年生 120分以上
 を目安にがんばれるよう励ましてください。
■毎日決まった時間にできるように、各家庭で工夫してください。
■ノーテレビ、ノーゲームデーを作れるように、お子さんと相談してください。

3.子どものやる気をおこす素敵な言葉がけを

■自分で取り組めるように、計画を立てることが大切です。
■できるようになったことをほめて、間違えたところは一緒に復習すると効果的です。
閉じる